マル優

昭和38年(1963年)、貯蓄文化をさらに推進するために国がつくった制度が

「マル優」。正式名称は「少額貯蓄非課税制度」という。

350万までの貯蓄なら利息に税金をかけなかった。

脳の健康

体内からの最大の刺激は、最大の筋肉である足の大腿筋からの刺激であり、これが最も強く脳を覚醒し、賦活(ふかつ)させる。

したがって、歩くことが脳を覚醒し、雑念も生じさせず、脳の健康にはすこぶる良い。

筋肉を動かし、積極的に行動することはA10神経を駆動し、前頭連合野の細胞活動を助けるのに重要。