ヤマザクラとソメイヨシノ

葉が出てから花が咲くのは、古くから日本に自生するヤマザクラの特徴。

ソメイヨシノは、江戸時代中期の1750年頃に江戸で作られた桜の品種。

ソメイヨシノは葉より先に花が咲き乱れる。

ソメイヨシノは枝を取ってきて接ぎ木や挿し木で増やしている。
種子で増やすと親の桜とは別の特徴を持つ子孫ができるが、枝と取って作られた苗木は親と同じ特徴となる。

ミツバチと花

ミツバチは紫色を好む。
紫色の花は複雑な形をしていたり、蜜標というサインが示されている。

サインを理解したり、細い場所に潜り込んで後ずさりで出てくるという能力のある虫だけが蜜にありつけるようになっている。

黄色い花

春先に咲く鼻は菜の花やたんぽぽなどの黄色い花がよく目立つ。
黄色い花はアブが好む色。

アブは、まだ気温が低い春先に、最初に活動を始める虫。
そのため、春先の花はアブを呼び寄せるために、黄色い色をしている。

ミツバチは同じ花の種類を識別し飛び回るが、アブはさまざまな花に飛び回る。

春先に咲く花は、まとまって咲く性質(群生)がある。集まって咲いていれば、
アブは遠くへ行くことなく近くにある花を飛んで回る。
そうすれば同じ種類の花を飛び回ることになる。

その為、春先に咲く花々は、一面に咲いてお花畑を作る。

アポクリン腺とエクリン汗腺

動物界ではアポクリン腺(人間ではワキガの原因)が一般的であり、エクリン汗腺を持つ動物は霊長類やカモノハシなどしかおらず、存在部位は限られている。

 

アポクリン腺は皮膚と毛を守るために発達した器官であり、分泌物の組織は広がりやすく、水分の蒸発を防ぎ、水に溶けにくい液状物でなければならなかった。