植物と毒性物質

タバコのニコチン、唐辛子の辛味成分であるカプサイシン、ラン科植物であるバニラの実に含まれるバニリンも植物の毒性物質。

ハーブティや香辛料、薬草などに含まれる成分の多くは、もともとは植物にとっては身を守る毒性成分。

黄色い花

春先に咲く鼻は菜の花やたんぽぽなどの黄色い花がよく目立つ。
黄色い花はアブが好む色。

アブは、まだ気温が低い春先に、最初に活動を始める虫。
そのため、春先の花はアブを呼び寄せるために、黄色い色をしている。

ミツバチは同じ花の種類を識別し飛び回るが、アブはさまざまな花に飛び回る。

春先に咲く花は、まとまって咲く性質(群生)がある。集まって咲いていれば、
アブは遠くへ行くことなく近くにある花を飛んで回る。
そうすれば同じ種類の花を飛び回ることになる。

その為、春先に咲く花々は、一面に咲いてお花畑を作る。

情動の中枢

大脳辺緑系の中でも情動に深く関わっているのが扁桃体。扁桃体は情動の中枢と呼ばれ、感情の源となる。「快・不快」や「怖い・怖くない」などを判断している。

記憶の中枢である海馬とも関係が深く、判断には過去の記憶なども参考にしている。