マラスムス

タンパク質-エネルギー栄養障害の一種で、体に備蓄されたエネルギーとタンパク質がいずれもすべて枯渇するものをさす。マラスムスになった子供の体は衰弱し、体重が適正体重の80%以下になることもある。

大根足

現在では、太い足のことを大根足というが、平安時代には、大根足は美脚を意味するほめことばだった。

古事記では、大根のような白い腕という表現が出て来る。
大根足が現在のように太い足を指す言葉になったのは、江戸時代以降であると言われている。

常緑樹

寒い冬の間に落葉せずに葉をつけている常緑樹は古いタイプの植物。
しかし、人々は常緑樹に神々しい生命力を感じた。

常緑樹のサカキは感じでは木偏に神で榊と書く。
神社では神聖な植物として玉串などに利用される。

お寺に植えられるシキミも常緑樹。

キリスト教のクリスマスではセイヨウヒイラギが飾られる。
ヨーロッパモミは神聖な木としてクリスマスツリーになる。
ヨーロッパモミやセイヨウヒイラギも常緑樹。

カフェイン

カフェインは眠気を覚まし、頭をすっきりさせたり、疲労を回復させたり、集中力を高める効果がある。

カフェインは、アルカロイドという毒性物質の一種で、もともとは植物が昆虫や動物の食害を防ぐための忌避物質。

カフェインは、人間の神経の鎮静作用を妨げるという毒性があり、人間の神経は覚醒や興奮を起こして身体が活性化される。

カフェインには利尿作用がある。コーヒーや紅茶を飲みすぎるとトイレに行きたくなるが、これは人体が毒性物質であるカフェインを体外に排出しようとしている。

ココアと同じカカオの実から作られるチョコレートにもカフェインが含まれている。
カカオと同じアオギリ科にはコーラと呼ばれる植物がり、このコーラの実がコーラ飲料の原料。

取締役

株式会社で、株主から経営をまかされている人たちのことを「取締役」という。

取締役は株主である必要はない。会社の経営を任される取締役は経営のプロで

あればいいというのが、株式会社という制度の考え方。