日銀の独立性

日本では日銀の独立性が比較的低く、それが政府の暴走を招いて、90年代のバブルにつながったと言われている。

 

この反省から1997年に日銀法(日本銀行法)が改正されて、日銀の独立性は大幅に高まった。

日銀の独立性が高くなりすぎて、インフレを抑えるには良かったがデフレになった。

エイズ感染者 HIV

現在、世界では推定3340万人のHIV患者がいるとされている。
HIV感染者の大部分が、サハラ以南のアフリカ諸国をはじめとした発展途上国。

サハラ以南のアフリカだけでは、全世界のHIV感染者の67%、大人の新規感染者の68%、子供の新規感染者の91%、そしてエイズ関連の死亡者の72%がこの地域。