国定忠治の墓

群馬県JR両毛線の国定駅の養寿寺の境内に国定忠治の墓がある。国定忠治は根っからの博徒で、博打で儲けた金を貧しい人の救済に使ったという伝説が残る。

このことからギャンブルのお守りにということで、忠治の墓石が削られ、墓石が丸くなっている。

群馬県の熊野神社について

群馬県の熊野神社は全国に分布する熊野神社のなかでも和歌山県の熊野三山、山形県の熊野大社とともに、日本三大熊野神社と目されている。

群馬県と長野県の県境に位置するので名前が2つある。

群馬県では熊野神社で通称”新宮(しんぐう)”、長野県では熊野皇大神社で通称”那智宮(なちぐう)”と呼ばれている。