アルコールと前頭葉

アルコール依存患者の脳は、前頭葉が萎縮している。前頭葉は思考や理性などを司るため、本来は「酒を飲みたいという欲求を抑制する働きがある。しかし、アルコール依存症患者の脳では、前頭葉の細胞の一部が破壊されているため、欲求を抑制できなくなっている。

 

コメントを残す