日銀の独立性

日本では日銀の独立性が比較的低く、それが政府の暴走を招いて、90年代のバブルにつながったと言われている。

 

この反省から1997年に日銀法(日本銀行法)が改正されて、日銀の独立性は大幅に高まった。

日銀の独立性が高くなりすぎて、インフレを抑えるには良かったがデフレになった。