減数手術(げんすうしゅじゅつ)

多胎妊娠した場合、妊娠初期に一部の胎児を妊娠中絶する手術。減胎手術とも言う。妊娠3ヶ月頃までに行われる。

減数手術については、対象の選択、母児の身体的、心理的問題に関する検討が十分ではなく、また法的のみならず当然ながら胎児の生命に対する倫理的問題もあり、社会的コンセンサスが得られていないため、その是非に一定の方向が示されていない。